レーシックイメージ

レーシック、手術後から1週間検診が待ちきれない

1週間検診で見える様になっていたことをはっきり実感出来たのは夢の様でした。
とにかく手術後から1週間後にはどのくらい視力が回復しているのか知りたくてたまりませんでした。
はじめにレーシックは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーと照射しする手術です。
これは角膜の屈曲を変える事によって視力を矯正しています。
ですので眼鏡とは違って角膜に直接負担がかかってしまいます。
私の親友が先日有楽町の眼科でレーシック手術を行いました。
彼女は長い間ハードコンタクトの愛用者だったので、その負担から手術に踏み切りました。
この度、中長期でアメリカに行く事になり、ハードコンタクトを無くした場合、新しいものを作るのが大変だということから手術に踏み切りました。
ハードコンタクトを始めた時にあった目の痛みと同じ様な痛みは無かったものの、もやもやとして視界がはっきりしない状態や見えない事からくる「見よう」とする目のに負担がかかり疲れやすかったこと、またいつ見える様になるのかという「不安」戦いだったそうです。
幸い2日後にはコンタクト無しでも見える様になり、思った程見えない期間は長くなかったと話していました。
一方でまだまだ一般的ではないレーシック手術ですし、レーシック手術のリスクを考えるととても不安でしたが、1週間後の検診で検査結果として見えていることを実感出来たのは本当に嬉しかったそうです。
手術をしてからの1週間に必要な事とは1、スケジュール管理手術後から見える様になるまでは個人差があるようです。
(どんな手術も同様ですね)ただ「見えない」ということは想像以上に私たちの生活に関わっています。
もちろんお仕事をされていらっしゃる方は、できれは手術後3日はお休みされることをおすすめします。
さらに運転される方は、念のため長時間の運転が必要な所への外出は避けなくては行けないとおもいます。
(近場でも運転して下さる方を見つけた方がいいそうです。)2、仲の良い友達に連絡出来ないかもと伝える画面が見えず、メール何度が返せなくなり音信不通になる事があります。
(悪気はないのですが・・・)私の場合心配になって電話→友達が手術したことを知った。
ですので仲良しの方や良く連絡を取る方には、予めお知らせすることをおすすめします。
3、思った以上に目が疲れる痛みは無いけど目が疲れてる・・・そう感じるそうです。
やはり手術ですので負担がかかっている事は確実です。
目の疲れにいいものを是非補給してください。
また「目」という情報源を失うと、他の器官が必死になって情報収集しようとします。
慢性的な体の疲れにも繋がっているので労ってあげてください。
疲労回復効果の高いものを摂取して、目の回復を助けてあげる事も大切だそうです。
最後にレーシック手術から1週間検診まで待ち遠しくなるくらい、見える様になってしまうそうです。
http://xanarama.net/restore.htmlにも書いてあるように、確かに手術をして1週間は見えにくい時期もあるようですが、見える様になってコンタクトや眼鏡の煩わしさから開放される快感があるそうです。
レーシックをやると、ハードコンタクトのずれた時の痛みや、眼鏡のお風呂等で曇ってしまうトラブルからも開放され、今まで出来なかったことにチャレンジ出来る様になって楽しいと話していました。
友人はスキューバダイビングに挑戦して、ライセンスまで取っちゃたそうです。
これも自分の目で見える様になったから不安なく挑戦できたと話していました。
自分の目で青い海を実感できるのってうらやましいです。
(私は眼鏡利用なので・・・)生き生きしている友人を観て、手術で私も眼鏡から開放されようか、考えています。
また、女性必見。まつ毛パーマをしたまま治療は受けられるのでしょうか。詳しくはhttp://with-life.jp/

▼クレジットカードを使ってのお支払いだと手軽に出来ますね。

Copyright(C) 2010 視力矯正.com All Rights Reserved.